ファンケル美白化粧品で白斑になる可能性は?成分をチェック

まだ記憶に新しいカネボウの白斑事件、美白化粧品を使われている方の中には、この事件が原因で美白化粧品の使用すら怖くなってしまっている方もいるのではないでしょうか。

 

今回はファンケルの美白化粧品で白斑になる可能性はあるのか、調べてみました。

 

ファンケルの美白化粧品の成分については公式サイトをご覧ください。

 

 

<美白されすぎると白斑になるの?>
白斑は“美白されすぎて”まだらに白くなったものだと思っていませんか?

 

たしかにカネボウの化粧品で問題になった“ロドデノール”という成分は美白に関して強い効果を持っています。

 

効果の高いものには副作用も付き物なのですが、本来「美白」とは

 

「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ事」

 

とされています。つまり、本来その人がもっている肌色より白くなることはないはずなのです。

 

ロドデノールも元々、「メラニンの生成を抑える成分」としてカネボウ化粧品に配合されていました。

 

メラニンは、紫外線などの刺激によってメラノサイトという細胞から作られているのですが、ほとんどの美白化粧品はこのメラニンを効率よく排出していくよう促し(ターンオーバーを促進する成分など)、美白していくものが多いです。

 

カネボウの化粧品はロドデノールを配合することによりメラニンが作られないよう抑えることができるのですが、メラノサイトを減らすことで効果がでてしまったようです。

 

メラノサイトを減らすという事は、もともとその人が持っていたメラニン量もつくられなくなってしまい、紫外線の刺激を受けやすくなってしまいます。

 

またメラノサイトの減少は個人差、部分差があったため、まだらにでてくる「白斑」となってしまったのです・・・。

 

この副作用は、配合当時にはわからなかったとされています。ロドデノールは厚生労働省に認可されて間もない(新しく認可された)カネボウ独自の成分だった為です。

 

そう、決して美白されすぎて白斑になるわけではないのです。

 

 

 

<ファンケルには白斑になるような成分は入ってないの?>
美白できても白斑になるような化粧品は使いたくないですよね。ファンケルには白斑になるような成分は入ってないのでしょうか?

 

【ファンケル美白化粧品の成分】
☆ビタミンC・2-グルコシド
ビタミンC・2-グルコシドは持続性のあるビタミンC誘導体で、酸化しにくく壊れにくいため、
ファンケルでは「アクティブビタミンC」と呼んでいます。
これは安定型ビタミンCといわれていて、成分的にはとてもメジャーなため「安心」出来る成分です。

 

☆トウキンセンカエキス
トウキンセンカエキスはメラニンの生成を初期段階でブロックしてくれる働きがあります。
強い作用のイメージがわくかもしれませんが、このトウキンセンカエキスとはマリーゴールドから抽出されたものなので、
白斑とは無縁のお肌に優しい天然成分なのです。

 

さすが無添加に定評のあるファンケル!安心成分なのに美白効果もバッチリです。

 

 

<【番外編】白斑になる可能性の成分はロドデノール以外にある?>
ファンケルの美白化粧品は安心!ということは成分をみてもわかりましたが、ほかの化粧品で白斑になる可能性はあるのか気になりますよね。調べてみたところ可能性として上げられているものの中に、「ハイドロキノン」という成分があります。

 

 

【ハイドロキノン】
美白化粧品に広く配合されるようになったハイドロキノンですが、「メラニン色素を薄くする効果」があるため、白斑になる可能性がある成分としてあげられます。

 

ただし、日本の化粧品では5%以下の濃度で配合と規定されていて、一般に含まれている化粧品も1?3%と低濃度です。

 

今のところ日本の化粧品が原因で白斑になったという報告は確認されていないのですが、海外の化粧品で配合されたものをつかったり、日本のものでも過剰に使ったりすることは危険ですので注意しましょう。

 

 

それでも心配!というかたはファンケルの美白化粧品をおすすめします。まずはトライアルセットからお試ししてみてくださいね♪

 

>>ファンケルトライアルセットはコチラ

 

 

<肌がワントーン明るくなる!人気の美白洗顔料10選>
シミやくすみ・・・気になりますよね。今回は美白効果のある洗顔料をまとめました。

 

まずはお肌が暗く見えてしまう原因から見ていきましょう!

 

 

 

<肌が暗くみえる原因>
肌がワントーン暗く見えてしまう原因として主に4つあげられます。

 

@【色素沈着】
日焼けやニキビ跡、間違ったスキンケアによってメラニンが溜まってしまうと色素沈着になる。

 

A【ターンオーバーの乱れ】
ターンオーバーとは肌の生まれ変わる周期の事。この周期が遅くなることで古い角質が毛穴に詰まりやすくなるため、くすみや黒ずみの原因になってしまう。

 

B【乾燥】
肌が乾燥するとキメが乱れて、シワや肌がたるむ原因となり、お肌に「影」が出来てしまう。

 

C【血行不良】
血液の流れが悪くなる事で顔色がくすみ、暗く見えてしまう。

 

 

この4つのなかで「洗顔」で美白できるとするならば@Aの2つです。

 

Bの乾燥もうるおいを守って洗ってくれる洗顔料を選ぶことでかなり改善できますが、その後の基礎化粧品のケアが最も大切といえるでしょう。

 

 

 

<肌を明るくしてくれる美白洗顔料10選>
美白洗顔料と一言でいっても種類は豊富です。今回は人気の洗顔料10個に絞ってご紹介します。

 

【クレンジングリサーチ ウォッシュクレンジング】
ピーリング効果の高いAHA成分を配合しているため、古くなった角質を落とし明るい肌にしてくれます。
保湿力も高く、ダブル洗顔も不要なので口コミでも人気です。

 

【二十年ほいっぷ】
くすみが気になる方にはこの「二十年ほいっぷ」がおすすめです。
皮脂膜のくすみ・角質層のくすみどちらにも有効に作られていて、肌にうるおいと弾力を与えてくれる洗顔料です。

 

【どろあわわ】
沖縄の火山灰から生まれた「どろあわわ」は毛穴の汚れや、メラニンが含まれている古い角質を洗い落としてくれます。
もっちり濃厚な泡立ちのどろあわわは泡の弾力により肌を傷めず洗顔できることも人気の理由です!

 

【suisai ビューティークリアパウダー】
タンパク質を分解してくれる酵素と皮脂を分解してくれる酵素の両方が配合された洗顔料です。
この2つの酵素は肌のくすみの原因となる毛穴の黒ずみや、角栓の詰まりを解消してくれます!

 

【雪肌精 ホワイトパウダーウォッシュ】
人気の雪肌精からでているため信頼度の高い美白洗顔料です。
古くなった角質を洗い流してくれるため、くすみのない明るい肌になることができます。
うるおい成分もしっかり配合なので洗顔後もお肌がしっとりと仕上がります。

 

【パンナポンパ AHAモーニングフェイスソープ】
AHAフルーツ酸配合の泡で出てくるタイプの美白洗顔料です。
泡ででてくる手軽さに加え、約5ヶ月持つというコスパの高さも人気の理由の1つです!

 

【オルビス パウダーウォッシュプラス】
オルビスから出ている酵素洗顔料もタンパク質分解酵素と皮脂分解酵素の2つが配合されています!
さらにはヒアルロン酸・コラーゲン・ロイヤルゼリーエキスなどの保湿成分もしっかり配合なので余分な皮脂、角質は落としながらしっとりお肌をうるおわせてくれる洗顔料です。

 

【ファンケル ホワイト洗顔パウダーC】
無添加で人気のファンケルからも美白洗顔パウダーがでています。
ビタミンC誘導体とミネラルによるブライトニング効果で透明感もアップします!
春夏限定のため、テカり・ベタつきもオフしてくれるのにしっとり肌に洗い上がる洗顔料です。

 

【然 よかせっけん】
毛穴の汚れ、黒ずみを洗い落としてくれる「つかってみんしゃい よかせっけん」の美白石鹸です。
泡立ちも良く、洗い上がりもしっとりとうるおうので敏感肌さんにも使えるため口コミでも人気がでています!

 

【ロゼット洗顔パスタ ガスールブライト】 
粘性の高い泡が特徴的な美白洗顔料です。その粘度の高い泡が肌の汚れとなる皮脂や老廃物をキャッチして洗い流してくれるのです!

 

以上口コミで人気の美白洗顔10選でした♪

 

いかがでしたか?肌がくすんでしまう原因も人それぞれです。自分に合わせた美白洗顔料でワントーン明るい美肌を目指してみてはいかがでしょうか。